アジア政経学会会員各位

第35回定例研究会は、Zoomを利用したオンライン研究会の形で開催いたします。会員には、学会の一斉メール(3月4日)を通じてZoomのアドレスを連絡いたしました。報告論文につきましては、期間限定(開催前後の約1週間)でHPに掲載いたします(論文のIDとパスワードも3月4日の一斉メールにて配信済み)。

開会前の14時45分から接続準備時間を設けますので、参加者は接続テストをお願いいたします。参加者のご都合により、途中参加・途中退出をして頂いても構いません。皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

○日時:2024年3月23日(土)15:00~17:00
開会前のZoom接続準備時間:14:45~
司会進行:安倍誠(アジア経済研究所)・中西嘉宏(京都大学)

1: 李昊光(慶應義塾大学大学院)
「毛沢東時代における宣伝戦略-絶対性・急転換による統治の不安定性-」 
討論者:鄭成(兵庫県立大学)

2: 大場翠(東京外国語大学大学院)
「人々の語りを通じた「帰還」の人類学的研究-ミャンマーカレン州のある村を事例に-」 
討論者:佐々木研(駒澤大学非常勤講師)

ご不明な点などありましたら、下記までご連絡ください。
問い合わせ先:
定例研究会運営委員会: 安倍・中西(jaas.teirei2023〔@〕gmail.com)
(〔@〕を@に変えてください)

Call for Papers Extension : JAAS 2023 Spring CONVENTION

アジア政経学会会員の皆様

アジア政経学会は、2023年に創立70周年を迎えます。
そこで2023年春季大会を学会創立70周年記念大会と位置づけ、下記の日程・会場にて開催いたします。共通論題、国際シンポジウムでも、アジア研究の来し方行く末を会員の皆さんと共に考える企画を準備しています。
今のところ、4年ぶりの対面での春季大会開催を予定しています(ただし、新型コロナウイルス感染症の状況によってはオンライン開催とする場合もあります)。

日程: 2023年6月10日(土)・11日(日)
会場: 東京大学 駒場キャンパス

現在募集中の自由論題・自由応募分科会にもぜひ積極的にご応募ください。
多くの会員の皆様の参加をお待ちしています。詳細はこちら

アジア政経学会
理事長 佐藤百合
研究企画委員会 阿南友亮、中溝和弥、浅野豊美、佐藤隆広、増原綾子
70周年企画 大庭三枝、川島真
大会実行委員会 阿古智子(副委員長)、川島真(委員長)、木宮正史、鈴木早苗、園田茂人、中西徹、中村元哉、松田康博、丸川知雄、湯川拓

FAQ