アジア政経学会会員の皆様

アジア政経学会は、日本経済学会連合に加盟しており、同連合が加盟学会に提供している補助制度を利用することができます。
このたび、2024年度の「国際会議派遣」補助の希望者を下記の要領で募集します。
関心のある会員は、募集要領にしたがい、積極的にご応募ください。合わせて、下記の日本経済学連合についての説明もご確認ください。

〈募集要領〉
1.募集対象:2024年4月1日から2025年3月31日までに開催される国際会議で単独または共同で研究発表を行う予定の会員

2.補助の内容:開催地により10〜40万円を支給

3.申込方法:日本経済学会連合の下記サイトより「国際会議派遣補助申請書」をダウンロードし、「推薦理由」を含めて必要事項を記入して、下記の送付先にe-mailでお送りください。学会事務局所在地・連絡先は記入しなくて構いません。
https://www.ibi-japan.co.jp/gakkairengo/htdocs/info/hojo01-gaikoku.html#sub02

4.締切り:2024年2月26日(月)

5.採否の決定:佐藤(監事)と清水(理事長)が申請書を検討し、本学会から1名を日本経済学会連合に2月29日までに推薦します(佐藤と清水は現在、日本経済学会連合の評議員を務めています)。その後、同連合が採否を決定します。申請者には、推薦および採否決定の各段階でご連絡します。

6.派遣補助を受けた場合:派遣補助を受けた会員は、研究発表を行った国際会議の参加記を本学会のニューズレターに執筆いただきます。また、日本経済学会連合の評議員会で簡単な会議参加報告をしていただくことがあります。

7.申請書の送付先:両方のメールアドレスにお送りください。〔@〕を@に変えてください。
佐藤百合:yurisato〔@〕s3.dion.ne.jp
清水一史:shimizu〔@〕econ.kyushu-u.ac.jp

〈日本経済学連合とは〉
日本経済学会連合は、今年70周年を迎えた経済学会系の連携組織で、現在61の学会が加盟しています。
https://www.ibi-japan.co.jp/gakkairengo/htdocs/
英文年報で各学会の紹介、アカデミックフォーラムでいくつかの学会からのパネル報告、70周年記念の学会紹介ビデオなどの活動を行っています。アジア政経学会も、英文年報への寄稿のほか、ビデオでの学会紹介を行っています。
https://www.youtube.com/channel/UC3dv6B82kfUMtIJ8IzAEivA
毎年、加盟学会への各種補助を行っています。
https://www.ibi-japan.co.jp/gakkairengo/htdocs/info/hojoindex.html

アジア政経学会
監 事 佐藤百合
理事長 清水一史

アジア政経学会会員の皆様

アジア政経学会は、2023年に創立70周年を迎えます。
そこで2023年春季大会を学会創立70周年記念大会と位置づけ、下記の日程・会場にて開催いたします。共通論題、国際シンポジウムでも、アジア研究の来し方行く末を会員の皆さんと共に考える企画を準備しています。
今のところ、4年ぶりの対面での春季大会開催を予定しています(ただし、新型コロナウイルス感染症の状況によってはオンライン開催とする場合もあります)。

日程: 2023年6月10日(土)・11日(日)
会場: 東京大学 駒場キャンパス

現在募集中の自由論題・自由応募分科会にもぜひ積極的にご応募ください。
多くの会員の皆様の参加をお待ちしています。詳細はこちら

アジア政経学会
理事長 佐藤百合
研究企画委員会 阿南友亮、中溝和弥、浅野豊美、佐藤隆広、増原綾子
70周年企画 大庭三枝、川島真
大会実行委員会 阿古智子(副委員長)、川島真(委員長)、木宮正史、鈴木早苗、園田茂人、中西徹、中村元哉、松田康博、丸川知雄、湯川拓

アジア政経学会会員の皆さま
一般財団法人アジア政経学会の活動では平素から大変お世話になっております。

 本学会では、優秀論文賞の表彰事業を2003年から行って参りました。事業を始めるにあたって会員有志による寄付によって基金を作り、これまで学会誌『アジア研究』への掲載論文を中心に、若手による優秀論文を選出し、副賞として10万円を贈呈してきました。これまでの活動と受賞対象者と基金運営の経緯は学会のHPでご覧いただけます。

優秀論文賞一覧はこちら

 さて、この基金には、上記HPの下のところに記載されているとおり、設立時の2002年と2007年の2度にわたって合計202万円の寄付が寄せられ、これを原資に18回、合計19人(受賞者1名14回、2名3回、該当なし2回)に副賞が贈呈されてきました。その結果、2020年度決算現在で、本基金の残額が17.6万円と枯渇しつつあります。

そこで、今後もこの有意義な事業を継続するために、このたび理事会として会員の皆さまに新たな寄付を呼びかけることにいたしました。可能な範囲でご協力をいただきたくお願い申し上げるものです。

今回、寄付の呼びかけ活動の期間を2021年11月中旬から2022年3月15日とし、その資金によって今後10年間の事業継続を確保できることを目途としております。優秀論文賞の趣旨・目的にご賛同いただける皆さまにご協力を賜りたく、ご寄附のお願いを申し上げる次第です。

ご協力いただける方におかれましては、一口1万円を単位として、添付の基金の口座に寄付金をご納付された上で、下記のリンク先より寄附申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、メールあるいは郵送にてお送りくださいますよう、お願い申しあげます。専用口座と申込書の送付先は、申込書に記載されています。

なお、一般財団法人であるので、寄付に対する税制上の優遇措置はありません。ご寄付をいただいた方には、本学会から一般的な領収証書を発行させていただきます。

何卒、ご協力のほどをお願い申し上げます。

2021年11月吉日
アジア政経学会理事長 佐藤 百合
優秀論文賞選考委員長 三重野 文晴

*<寄付申込書ダウンロード Word または PDF

アジア政経学会会員の皆さま
一般財団法人アジア政経学会の活動では平素から大変お世話になっております。

昨2021年11月から2022年3月15日にかけて、アジア政経学会優秀論文賞積立基金への寄付を呼びかけましたところ、多くの会員の皆様からご協力を賜りました。おかげさまで、目標の100万円を上回る合計142万円の寄付をいただき、優秀論文表彰事業を今後も継続して実施していかれる見通しが立ちました。ここに厚く御礼を申し上げます。
今回の寄付に関するより詳細なご報告は、学会のHPに掲載しています。

アジア政経学会優秀論文賞一覧

 改めまして感謝の意を表しますとともに、今後とも引き続き本学会の活動へのご協力、ご参加をいただきますよう、お願い申し上げます。

2022年3月28日
アジア政経学会理事長 佐藤 百合
優秀論文賞選考委員長 三重野 文晴

学会設立70周年記念

よくある質問