アジア政経学会全国大会一覧表


開催日程 国際シンポジウムタイトル 会 場
1 1953・6・27〜6・28 「アジアのナショナリズム」「経済発展」 慶應義塾大学
2 1954・4・24〜4・25 「中国とアジア」  一橋大学
3 1954・10・31〜11・1 「中国憲法」 神戸大学
4 1955・5・1〜5・2 「アジアの政治経済―AA会議をめぐって」 早稲田大学
5 1955・11・11〜11・12 「インドの政治経済」 神戸外国語大学
6 1956・4・30〜5・1 「中国政府の承認問題」「東南アジア経済開発」 慶應義塾大学
7 1956・11・2〜11・3 「賠償とアジア経済」 同志社大学
8 1957・5・29〜5・30 「中国の政治経済」 法政大学
9 1957・11・15〜11・16 「アジアをめぐる国際政治的並びに国際経済的関係」 近畿大学
10 1958・4・10〜4・11 「アジア経済開発の再検討」 明治大学
11 1958・10・18〜10・19 「南方アジアの諸問題」「新中国の諸問題」 関西学院大学
12 1959・4・11〜4・12 「中国人民公社をめぐる諸問題」 拓殖大学
13 1959・10・16〜10・17 なし 神戸大学
14 1960・10・14〜10・15 なし 早稲田大学
15 1961・10・17〜10・18 なし 大分大学
16 1962・11・13〜11・14 「日本のアジア外交」 東京外国語大学
17 1963・11・15〜11・16 「世界におけるアジア研究・日本におけるアジア研究」 慶應義塾大学
18 1964・11・7〜11・8 なし 神戸外国語大学
19 1965・10・30〜10・31 「過渡期におけるアジアの政治経済体制」 一橋大学
20 1966・10・29〜10・30 「中国の伝統と社会主義体制」 京都大学
21 1967・10・28〜10・29 「東南アジア史観の諸問題」 国学院大学
22 1968・10・26〜10・27 なし 名古屋学院大学
23 1969・10・24〜10・25 「アジア研究の課題と方法」 早稲田大学
24 1970・11・1〜11・2 「アジア観の再検討」 近畿大学
25 1971・11・30〜11・31 「中国政治・経済の新動向」 愛知大学
26 1972・10.28〜10・29 「開発過程におけるコミュニティの構造と変容」 一橋大学
27 1973・11・17〜11・18 「中国の伝統と革新」 広島大学
28 1974・10・26〜10・27 「東南アジアの経済開発と政治変容」 亜細亜大学
29 1975・11・8〜11・9 「アジアにおける民族問題の再考察」 大阪市立大学
30 1976・10・22〜10・23 「アジアにおける国家権力と企業」 慶應義塾大学
31 1977・11・5〜11・6 「アジアにおける社会的緊張と政治的不安」 京都大学
32 1978・11・18〜11・29 「アジアにおける伝統と革新」 一橋大学
33 1979・10・27〜10・28 「アジアにおける官僚制」 神戸大学
34 1980・11・8〜11・9 「『地域研究』の新しい展開」 東京外国語大学
35 1981・11・7〜11・8 「アジアにおける都市化」 大阪外国語大学
36 1982・11・27〜11・28 「近代化と社会的緊張」 早稲田大学
37 1983・10・29〜10・30 「アジアと日本の30年」 慶應義塾大学
38 1984・11・17〜11・18 「アジアにおける貧困」 名古屋商科大学
39 1985・11・16〜11・17 「1.アジアにおける『自立化と国際協力』、2.アジアにおける『中央と地方』」 琉球大学
40 1986・11・15〜11・16 「アジアの解放者とその遺産」 拓殖大学
41 1987・11・14〜11・15 「ポスト・ベトナムのアジア」 九州大学
42 1988・10・22〜10・23 「体制変革下のアジア社会主義」 亜細亜大学
43 1989・10・28〜10・29 「アジアの経済発展の現段階―成果と課題」 松阪大学
44 1990・11・10〜11・11 「1.ベトナムをめぐる国際関係、2.アジアにおける農村社会変動、3.アジア研究の現状と課題、4.アジアで社会主義とは何であったのか―ヨーロッパを見据えて」 静岡県立大学
45 1991・10・26〜10・27 「1.中国における企業改革と朝鮮戦争問題、2.東南アジアにおける女子労働」 横浜市立大学
46 1992・10・31〜11・1 「アジアにおける地域的経済交流」 大阪市立大学
47 1993・10・30〜10・31 「アジア研究の課題と方法―歴史・構造・比較・関係」 東京工業大学
48 1994・11・5〜11・6 「アジアにおける中国と華人社会」 東京大学
49 1995・11・25〜11・26 「アジアの100年と今後を考える―植民地政策と現代」 名古屋大学
50 1996・10・26〜10・27 「アジアにおける国営化・民営化」 城西大学
51 1997・10・25〜10・26 「開発論の今日的課題をめぐって」 早稲田大学
52 1998・10・31〜11・1 「アジア通貨・経済危機の現状と展望」 京都大学
53 1999・10・30〜10・31 「建国50年の中国とアジア世界:特別シンポジウム」 青山学院大学
54 2000・11・4〜11・5 グローバリゼーションの中のアジア―21世紀への課題 拓殖大学
55 2001・12・8〜12・9 新世紀のアジアと日本――グローバリゼーションと広がる国際協調の枠組み  沖縄県万国津梁館
56 2002・10・26〜10・27 「アジアの発展と地域統合の可能性:アジア共同体を展望する」 神戸大学
57 2003・11・8〜11・9 「2001年9月テロ事件以後、アジアはアメリカをどうみているのか?」 
「大会50周年記念シンポジウム」
東京大学
58 2004・10・30〜10・31 「東アジア共同体の可能性」「東南アジアの都市化と居住コミュニティの変容−インドネシアの事例」 東北大学
59 2005・10・29〜10・30 「アジア冷戦史の再検討」「北東アジアをめぐる“超域”研究」「アジア諸国における経済開発政策過程における経済テクノクラート―その役割と変容―」  島根県立大学
60 2006・10・28〜10・29 "Cooperative Asia or Divided Asia? Searching for Constructive Initiatives in Regional Diplomacy"「アジアの核開発と拡散防止レジーム」「アジアの越境」  慶應義塾大学
61 2007・10・13〜10・14 「アジアにおける留学の新段階―アジア諸国の高等教育戦略と留学生政策」「中国共産党第17回党大会と中国の政治社会」「アジア通貨危機を越えて―金融・企業セクターの改革」「東アジア民主政治の方向性―韓国・台湾・タイ」 東京女子大学
62 2008. 10.11〜10.12 グローバル・チャイナ:移動する人々の動かす中国 神戸学院大学
63 2009. 10.10〜10.11 中国共産党の再評価:深まる闇、あるいは新たな曙光? 法政大学市
64 2010. 10.23〜10.24 新興大国の台頭とアジア秩序の再編 東京大学
65 2011.10.15〜10.16 新興大国・中国とインドの経済発展:政府・市場・企業 同志社大学
66 2012.10.13 〜10.14 What did ‘1972’ mean to the Sino-Japanese relations? 関西学院大学