第23回定例研究会開催のお知らせ
アジア政経学会会員各位

第23回定例研究会のお知らせ

本学会では、若手会員の研究水準の向上を目的として、定例研究会を実施しています。 第23回研究会は、新型コロナウィルスの影響で3月から延期していましたが、このたび、下記の要領でZoomを利用したオンライン研究会の形で開催いたします。

参加希望の会員には、参加に必要な情報を事前にお送りしますので、5月16日(土)までにtako19710528(@)gmail.com((@)を@に変えてください)にご連絡ください。

参加にあたっては、各自Zoom(https://zoom.us/)を事前にインストールしていただく必要があります。開会前の30分間、14:00〜14:30に接続準備時間を設けますので、参加者は当日送られてきたURLとIDを使って接続テストをお願いします。また、参加者の都合により、途中参加、途中退出でも構いません。報告プログラムは、下記のとおりです。当初の予定どおりで、変更はありません。

本学会としては、初めてのオンライン定例研究会の試みです。不慣れなところもありますが、皆さまのご参加をお待ちしています。

日時:2020年5月17日(日)14:30〜17:20
開会前のZoom接続準備時間:14:00〜14:30

  1. 司会進行: 清水 一史(九州大学)
  2. 報告: (14:30〜15:10)

    報告者:謝 帆(九州大学 大学院地球社会統合科学府 修士2年)
    テーマ:文芸雑誌「摘訳」に見る中国「文革」時期の日本文学翻訳と受容
    討論者:阿古 智子(東京大学)

  3. 報告2:(15:10〜15:50)

    報告者:李 翔宇(同志社大学 経済学研究科 博士後期課程)
    テーマ:中国における経済成長の収束性に関する分析
    討論者:戴 二彪(アジア成長研究所)

  4. 〜 休憩10分 〜 (15:50〜16:00)

  5. 報告3:(16:00〜16:40)

    報告者:劉 澤文(九州大学 大学院経済学府経済システム専攻 修士2年)
    テーマ:中国企業のカンボジアにおける農地取得――バイオエタノール原料としてのキャッサバ生産の拡大
    討論者:清水 一史(九州大学)

  6. 報告4:(16:40〜17:20)

    報告者:山口 健介(東京大学 未来ビジョンセンター 特任助教)
    テーマ:タイに見る天然ガス川下産業の競争力――マレーシア、インドネシアとの比較的見地
    討論者:佐藤 百合(アジア経済研究所)

ご不明な点などありましたら、下記までご連絡ください。

問い合わせ先
定例研究会運営委員会:佐藤百合・阿古智子:teikikenkyukaijaas(@)icloud.com
あるいは清水一史:shimizu(@)econ.kyushu-u.ac.jpまでお願いします。
(〔@〕を@に変えてお送りください)

以上