第22回定例研究会開催のお知らせ

本学会では、若手会員の研究水準の向上を目的として、定例研究会を実施しています。第22回研究会を下記のとおり開催いたします。ふるってご参加ください。

日時:2019年12月21日(土)13:00〜14:50
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 大学院校舎8階 東アジア研究所 共同研究室1
   交通アクセス下のサイトにあるキャンパスマップのBの建物です)
   https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html   

  1. 報告: (13:00〜13:50)

    報告者:阿部 和美(早稲田大学 社会科学研究科 博士後期課程)
    テーマ:乖離する市民社会とディアスポラ——パプア分離独立運動の事例から―
    討論者:佐藤 百合(アジア経済研究所)

  2. 報告2:(14:00〜14:50)

    報告者:徐 偉信(東京大学 大学院総合文化研究科 博士後期課程)
    テーマ:冷戦、麻薬と中華人民共和国の「自己宣伝」(1950−1962)
    討論者:小嶋 華津子(慶應義塾大学)

問い合わせ先
定例研究会運営委員会:teikikenkyukaijaas〔@〕icloud.com
(〔@〕を@に変えてお送りください)

以上