2019年度アジア政経学会秋季大会のご案内
 

アジア政経学会会員各位

 2019年度秋季大会を11月30日(土)に、南山大学で開催いたします。

 11月30日(土)は、午前中に自由論題で2つのセッションを開催し、午後には開催校企画としての共通論題、自由応募分科会と自由論題で、合わせて7つのセッションを開催します。終了後には、懇親会が予定されています。
 会員の皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

研究企画委員会・秋季大会実行委員一同
<アジア政経学会研究企画委員会>
 研究企画担当理事:渡邉真理子(学習院大学) 、青山瑠妙(早稲田大学)
 同委員:上田知亮(東洋大学)、川村晃一(アジア経済研究所)
<南山大学・秋季大会実行委員会>
 平岩俊司(代表)、星野昌裕、POTTER, David M.、佐藤創

       

■大会に関する問い合わせ先
 *お問合せは、下記の大会専用メールアドレス宛てにE-mailでお願いいたします。
 大会実行委員会
 〒466-8673 愛知県名古屋市昭和区山里町18 南山大学総合政策学部 星野昌裕研究室
 E-mail: jaas-autumn[@] npo-ochanomizu.org ([@]を@に置き換えてください)


実行委員会からのお知らせ

【11月30日(土) 於 南山大学】
 今回の大会は、南山大学(愛知県名古屋市)R棟が会場となります。以下の諸点をお読みのうえ、ご不明の点等がございましたら、実行委員会までご連絡下さい。

  1. 大会のペーパー・レス化
     今大会でもペーパーレス化を進めるため、報告者のレジュメをまとめた大会要旨集は作成いたしません。報告要旨やフルペーパーは、学会の大会ウェブサイトをご参照ください。閲覧に必要なIDとパスワードは、後にメール配信される大会案内をご確認下さい。なお、大会当日に無線LANを利用して、報告要旨やフルペーパーをご覧になる場合、次の項目にご注意下さい。
     また大会時の名札については、実行委員会がお渡しするケースに名刺をいれていただくことといたしますので、ご準備のほどよろしくお願いいたします。
  2. 会場での無線LAN使用について
     南山大学ではeduroamサービスを提供しています。eduroamのアカウントをお持ちの方はeduroamを優先的にご利用ください。eduroamアカウントをお持ちでない方には、南山大学の無線LANを利用するためのIDとパスワードを発行いたしますが、セキュリティ対策のため、お一人ずつ個別のIDとパスワードを交付することになります。そのため、大会中に南山大学の無線LANの利用を希望される方は、下記の出欠アンケートで、事前申請をお願いいたします。事前に申請していただけなかった場合、南山大学の無線LANを利用することができませんので、必ずアンケートで申請して下さい。
  3. 昼食、休憩所、キャンパス内全面禁煙について
     キャンパス内の学生食堂は、お昼の時間帯にコパン(学生会館)で営業しており、その隣にはローソンもございます。
     休憩される場合には、R棟3階の談話スペースをご利用下さい。飲み物やお菓子の用意はありませんので、キャンパス内の自動販売機などをご利用下さい。
     また、本学はキャンパス内全面禁煙となっております。キャンパスの外周道路でも喫煙しないよう、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
  4.  
  5. 懇親会について
     研究大会終了後、キャンパス内のリアンカフェで懇親会を開催いたします。懇親会費は、お一人あたり4,000円、優待・学生の方は2,000円となります
  6.  
  7. 報告者へのお願い
     会場ではプロジェクターを利用できます。パソコンは設置しておりませんので、パワーポイントなどをご利用の際は、必ずご自身でパソコンをご持参ください。コネクターはRGBとHDMIに対応しています。ただし、マック用のコネクターは準備がないので必ずご持参ください。また、WINDOWSであってもRGBにHDMIコネクターを利用する教室もありますので、できるだけご自身のパソコンに対応したコネクターをご持参ください。
     資料等を配布される場合は、必要部数をコピーのうえご持参願います。当日は会場でコピー機等の利用ができませんので、キャンパス周辺のコンビニ等をご利用下さい。
     例年、報告者をはじめ登壇者のみなさまから出欠アンケートをお送りいただけないことが多く、懇親会の人数把握などに支障をきたしています。 出欠アンケートへの回答を忘れずによろしくお願いいたします。
  8.    
  9. 託児室の設置
     託児所の利用が必要な場合、事前に実行委員会に届けのあったものについて、料金の半額を補助します(ただし補助上限を7,000円とします)。料金支払いの領収書を大会受付にご持参下さい。託児所への利用申込と支払については、各自で手続きをして下さい。
     託児所利用の事前届に関しては、jaas-autumn[@] npo-ochanomizu.org([@]を@に置き換えてください)に、11月16日までにご連絡下さい。
  10. 昼食
     昼食は用意しませんので、周辺のレストランやコンビニをご利用ください。当日、大学周辺地図をお配りします。

【会場へのアクセス】
南山大学(愛知県名古屋市昭和区山里町18)
地下鉄名城線八事日赤駅から徒歩8分で正門(南門)
地下鉄鶴舞線いりなか駅から徒歩15分で正門(南門)
交通アクセス:https://www.nanzan-u.ac.jp/Information/access.html

【大会出欠アンケート】
 大会に参加される方は、下記の出欠アンケートのサイトで出欠をお送りください。
 https://forms.gle/R4caNRdvcaMD4y4a8
 アンケート回答の締め切りは11月16日(土)
です。南山大学の無線LANの利用の有無および懇親会の人数把握にも必要ですので、司会・報告者・討論者など登壇者の方々も、出欠アンケートをお送り下さい。本学会は基本的に一般公開されていますので、非会員の方もご自由にご参加下さい。参加をご希望の方は、上記の出欠アンケートのサイトにご回答ください。うまくいかない場合は、メールでご連絡ください。メールのタイトルを「大会参加希望(非会員)」としたうえで、「お名前」「ご所属」「ご連絡先E-mail」「参加希望セッション名」「懇親会参加の有無」を明記し、大会専用メールアドレス:jaas-autumn[@] npo-ochanomizu.org ([@]を@に置き換えてください)までお申し込み下さい。


2019年度アジア政経学会秋季大会プログラム

11月30日(土)

9:30 受付開始(R棟4階)
10:00−12:00 自由論題
12:00−13:00 昼休み
13:00−17:30 自由応募分科会・自由論題・共通論題
17:45−19:15 懇親会(リアンカフェ)


11月30日(土)
【午前】10:00-12:00

自由論題1「中国の政治思想とガバナンス」(R棟4階 R49)

司会:加茂具樹(慶応義塾大学)

報告1:黄哲(東京大学・院)

「『厳打』運動と『闘争の哲学』」   論文

報告2:景旻(東京大学・院)

「上海市政府の外国人生活に対する管理(1949−1954)」   論文

討論:加茂具樹(慶応義塾大学)、中岡まり(常磐大学)

自由論題2「企業行動」(R棟4階 R46)

司会兼討論:川端望(東北大学)

報告1:陳光輝(神戸大学)

「中国の産業集積と参入退出、生産性:1998〜2003年企業データによる分析」   論文

報告2:赤羽淳(中央大学)

「アジアローカル企業の日本企業に対する M&A 戦略 ‐タイ・サミットによるオギハラ買収の事例を通じて‐」   論文

報告3:門闖(大阪産業大学)

「中国銀行業の海外進出とグローバル・ネットワーク」   論文

討論:劉曙麗(福山大学)、川端望(東北大学)、小原篤次(長崎県立大学)

【午後1】13:00-15:00

自由応募分科会1「2019年インド総選挙と民主主義の将来」(R棟4階 R44)

司会:竹中千春(立教大学)

報告1:中溝和弥(京都大学大学院)

「2019 General Election and the Formation of the BJP System in India」 要旨  

報告2:Achin VANAIK(Former Professor of Delhi University)

「Modi's Foreign Policy: Kashmir, Pakistan and Beyond」 要旨  

報告3:Pamela Philipose(Public editor for thewire.in, Former editor of Indian Express)

「Modi Government and Its Media Strategies」   論文

討論:竹中千春(立教大学)

自由応募分科会2「アジア都市近郊農村における労働力需給変動への対応」(R棟4階 R45)

司会:深川博史(九州大学)

報告1:高安雄一(大東文化大学)

「韓国の農業分野における外国人労働者の就業実態について」 要旨  

報告2:水野敦子(九州大学)

「労働力流出下のミャンマー都市近郊農村における農業機械化の進展」 要旨  

討論:深川博史(九州大学)、松田正彦(立命館大学)
※配信しましたメールおよびプログラムにおいて、研究企画委員会のミスにより、分科会のタイトルが間違って掲載されておりました。修正の上、お詫び申し上げます。

自由論題3「外交と国際秩序」(R棟4階 R46)

司会兼討論:高橋伸夫(慶応義塾大学)

報告1:森巧(一橋大学・院)

「1960年代前半における中華民国政府の対日外交――日華紛争(1963−64)を中心に」   論文

報告2:徐涛(愛知大学)

「中国の国際秩序論の思想的系譜:1990年代以降の「中国再考」運動を中心に」   論文

討論:高橋伸夫(慶応義塾大学)、川島真(東京大学)

自由論題4「産業の振興」(R棟4階 R49)

司司会兼討論:清水一史(九州大学)

報告1:小原篤次(長崎県立大学)

「近隣アジア諸国と日本の決済ギャップ:訪日客質問紙調査から」   論文

報告2:郝燕書(明治大学)

「中日中小企業支援政策に関する一考察」   論文

報告3:佐々木俊介(早稲田大学)

「ウェイスト・ピッカーの収入レベルと統合的廃棄物処理における賃金水準:インドネシア共和国バンタル・グバンを事例に」   論文

報告4:伊藤晋(中央大学)

「インドネシアにおけるPPP(官民連携)インフラ整備の課題」   論文

討論:門闖(大阪産業大学)、伊藤晋(中央大学)、陳光輝(神戸大学)、清水一史(九州大学)

【午後2】15:30-17:30

共通論題「東アジアと歴史認識・移行期正義・国際法ー徴用工問題を中心としてー」(R棟4階 R49)

司会:平岩俊司(南山大学)

報告1:青木清(南山大学)

「『徴用工判決』をめぐる法的諸問題」 

報告2:奧薗秀樹(静岡県立大学)

「『徴用工問題』―韓国の論理」 

討論:川島真(東京大学)、大庭三枝(東京理科大学)、山田哲也(南山大学)

自由論題5「共生・排除と開発」(R棟4階 R46)

司会兼討論:佐藤百合(アジア経済研究所)

報告1:板倉和裕(奈良工業高等専門学校)

「インドにおけるムスリムの包摂と排除:アーンドラ・プラデーシュ州におけるムスリム留保枠導入の試みに注目して」   論文

報告2:美甘信吾(信州大学)

「ドゥテルテ政権下のフィリピン経済開発政策:「新開発主義」の行方」   論文

報告3:山田勅之

「『観光空間』としてのカシュガル旧市街地:再開発と民族・宗教・文化の見せ方」   論文

討論:佐藤百合(アジア経済研究所)、近藤則夫(アジア経済研究所)、美甘信吾(信州大学)

自由論題6「中国の改革開放」(R棟4階 R44)

司会兼討論:小嶋華津子(慶応義塾大学)

報告1:楊鵬超(立命館大学・院)

「中国の対外援助政策の特徴と課題」   論文

報告2:相田守輝(筑波大学・院)

「習近平が『軍民融合』に求めた『水魚の交わり:情報戦争に備えた人民戦争のあり方」   論文

報告3:古澤賢治(大阪市立大学・名誉教授)

「中国経済のグローバル化と体制改革」   論文

討論:小嶋華津子(慶応義塾大学)、丸川知雄(東京大学)

会員総会・懇親会(リアンカフェ)17:45-19:15