日本国際フォーラム国際シンポジウム


「海は誰のものか!:循環型海洋秩序の形成と発展」のご案内


この度、日本国際フォーラム(JFIR)は、タイ・シーナカリンウィロート大学およびフィリピン大学アジアセンターとの共催にて、3月26日(金)に国際シンポジウム「海は誰のものか!:循環型海洋秩序の形成と発展」を下記要領にてオンライン開催することになりましたので、ご出席をご案内申し上げます。

海は地球の約7割を占めるといわれています。この海が、持続可能な資源利用などによって豊かであることは、SDGs目標の達成に限らず、国際社会の未来にとって不可欠な要素です。近年、この海をめぐる国際社会の政治・経済的な対立が激しさをますなかで、我が国は、海を共有する各国、とくに近隣のアジア諸国とともに、国際公共財としての海洋を再認識し、循環型海洋秩序の形成と発展に向けた努力を進めていく必要があります。

 そこで当フォーラムは、ASEAN諸国からライリャン・フックISEAS-ユソフ・イサーク研究所研究員、ジョフ・サンタリタ・フィリピン大学アジア研究所長、日本から渡邉敦・笹川平和財団海洋政策研究所主任研究員、石川智士・東海大学教授など、海洋をめぐる国際政治および海洋資源保全などの第一人者をパネリストにお招きし、循環型海洋秩序の形成と発展に向けて、アジアでどのような政策調整や協力が可能なのか徹底討論いたします。議長は日本国際フォーラム上席研究員の伊藤剛・明治大学教授が務めます。
※本セミナーは、当フォーラムが令和2年度より実施している研究事業 「海洋秩序の多面的展開ー海洋『世論』の創成と拡大」の一環として実施するものです。
研究事業 「海洋秩序の多面的展開ー海洋『世論』の創成と拡大」特設ページ:https://www.jfir.or.jp/j/info-research/2020/maritime.html

1.日 時:2021年3月26日(金)18:00-20:00(Zoom開室は17:50から)
2.開催形式:Zoomウェビナーによるオンライン配信
3.言 語:日英同時通訳
4.プログラム詳細(https://www.jfir.or.jp/j/activities/exchange/210326_info.html
5.参加費:無料 
6.参加申込方法:申し込みフォームよりお願いいたします。https://www.jfir.or.jp/-/app_210326.html

[掲載期日] 2021年3月26日まで


戻る