AOTS主催労働事情シンポジウムのご案内


新型コロナウイルスがインドネシア、タイ、ベトナムの労働経済や働き方に与えた影響


一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)が厚労省の受託事業として以下の国際シンポジウムを開催します。関心のある方の参加を募っていますので、おしらせします。

<労働事情シンポジウム>
新型コロナウイルスがインドネシア、タイ、ベトナムの労働経済や働き方に与えた影響
参加お申込み受付中! (参加無料! 開催日時:2021年3月2日(火))

コロナ禍の中でインドネシア、タイ、ベトナムの労働経済がどのような影響を受けているのか、この危機を乗り越えるために各国政府や企業がどのような対策を行いどのように働き方が変わってきているのか、労働紛争を未然に防止するにはどうしたら良いのか、現地の使用者団体であるインドネシア経営者連盟(APINDO)、タイ経営者連盟(ECOT)、ベトナム商工会議所(VCCI)から講師を招き、基調講演とパネルディスカッションを実施します。

【開催日時】2021年3月2日(火)13:00-17:00
【実施方法】オンライン(Zoomウェビナー)
【参加費】無料
【言語】日本語および英語(日英同時通訳付)

詳細及びお申込み方法は、下記URLをご覧ください。
https://www.aots.jp/hrd/ibe/employment/report03-02/

【お問合先】一般財団法人 海外産業人材育成協会(AOTS) 経済連携推進部 産業
国際化グループ
TEL: 03-3888-8253、E-mail: employers-bb@aots.jp

[掲載期日] 2021年3月22日まで


戻る