中国当局による本学会会員とみられる研究者の拘束に関する
アジア政経学会理事(および元理事)有志の声明



10月21日の官房長官記者会見で取り上げられたとおり、本学会の会員とみられる研究者が中国側の招聘により研究交流に訪れた北京で、国内法違反を理由に拘束されたことが明らかとなりました。詳細な理由が公表されないまま研究者が拘束されることは、日中間の学術交流の継続と発展を脅かしかねません。われわれはこの研究者の無事と、一刻も早い帰国を強く希望しています。そして、今回の事態が今後の日中間の学術交流にいささかの影響も与えることのないよう強く願います。



2019年11月3日



阿古智子   阿南友亮   石塚迅    磯崎典世   遠藤環   大庭三枝
加茂具樹   川島真    小嶋華津子  佐藤百合   清水一史  鈴木隆
高橋伸夫   中岡まり   中溝和弥   益尾知佐子  松田康博  丸川知雄
三重野文晴  三宅康之   渡邉真理子


戻る