「世界の自由秩序と民主主義」特別フォーラムのご案内


―ラスムセン・前NATO事務総長ら世界の論者が東京に集まります―


言論NPOでは11月19日(火)に、「世界の自由秩序と民主主義の再建に問われた私たちの責任」をテーマとした、創立18周年特別フォーラムを開催します。これは、世界の自由秩序や国内外の民主主義が困難に直面する中、日本の民主主義をより強く機能させるとともに、不安定化する世界に日本がリーダーシップを果たす取り組みのスタートとして行うものです。フォーラムには、デンマーク首相やNATO事務総長を務め、「コペンハーゲン民主主義フォーラム」を立ち上げたラスムセン氏ら、世界で民主主義の修復に取り組む論者が、私たちの呼びかけに応じ東京に集まります。

このフォーラムにおける、国内外を代表する有識者の真剣な議論を、貴団体の皆様にもぜひ聴講いただきたいと考えております。

日 時:2019年11月19日(火) 13:30〜18:20
会 場:ホテルニューオータニ「麗の間」・「舞の間」(東京都千代田区紀尾井町4-1)
テーマ:「世界の自由秩序と民主主義の再建に問われた私たちの責任」
プログラム・お申込みフォームはホームぺージをご覧ください。
http://www.genron-npo.net/20191119-18thforum.html

【言論NPOについて】
言論NPOは、2001年に創立された、非営利・独立・中立のシンクタンクです。
国内では選挙時における政党のマニフェスト評価や、政権の実績評価を継続的に行うとともに、北東アジアの平和に向け、日中間で「東京−北京フォーラム」を14年間、日韓間で「日韓未来対話」を7年間、それぞれ発足から1年も休むことなく開催してきました。さらに、2012年からは、米国の外交問題評議会が開催する世界25ヵ国のシンクタンク会議に日本から唯一参加しています。また、2017年以降、世界10ヵ国の有力シンクタンクのトップを東京に集め、世界の自由秩序と民主主義を巡ってG7首脳会議に提言する「東京会議」を毎年開催するなど、国際的な課題に対して日本の主張を世界に発信しています。
組織概要については、下記URLをご参照ください。
http://www.genron-npo.net/about/

[掲載期日] 2019年11月19日まで


戻る