2009年度アジア政経学会 西日本大会のご案内 2009年6月27日(土)

アジア政経学会 会員各位

アジア政経学会西日本大会
実行委員長 平川 均(名古屋大学)

アジア政経学会2009年度西日本大会開催にあたって

 爽やかな新緑の季節となりましたが、会員の皆様におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

 さて、今年度のアジア政経学会西日本大会を名古屋大学で開催することになりました。会員の皆様におかれましては、ご多忙のこととは存じますが、万障お繰りあわせの上ご参加いただければ幸いでございます。

 今年度は共通論題として「世界通貨危機とアジア」、その他、特別講演を設定いたしました。また、会員からの投稿で構成される自由論題は、「中国の社会」、「地域社会・地域主義」、「所得不平等の国際比較」、「国際化のアジア」、「東アジアの地域協力」、「アジアにおける所得格差」の6つのセッションに分けて報告が行われます。会員の皆様には是非多くのセッションの討論に参加されることをお勧めいたします。

■名古屋大学アジア政経学会東日本大会実行委員会
平川 均(経済学研究科・実行委員長)
薛 進軍(経済学研究科・事務局長)
中屋 信彦(経済学研究科・事務局)
長田 博(国際開発研究科・事務局)
連絡先:
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院経済学研究科 薛進軍気付
電話  ファクス  052-789-2385
大会専用アドレス jaas-west2009@npo-ochanomizu.org


 

アジア政経学会2009年度 西日本大会プログラム

日  程:2009年6月27日(土)
会  場:名古屋大学経済学部棟(東山キャンパス地図上の14番です。)(http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/access-map/higashiyama/
主  催:名古屋大学アジア政経学会西日本大会実行委員会
受付開始: 9時30分〜 
* 第3セッションのみ受付開始8時30分、報告開始9時00分となります。
受付:経済学部1階102会議室
自由論題:10時00分〜12時00分、13時30分〜15時30分 (経済学部第1、第2講義室、2階第1会議室)
特別講演:15時40分〜16時20分(経済学部第1講義室)
共通論題:16時30分〜18時00分 (経済学部第1会議室)
懇 親 会:18時30分〜20時30分 (大学構内のグリーンサロン東山ミーティングルーム)
休 憩 室: 9時00分〜16時00分 (経済学部2階第3講義室)
学生スタッフ控室(経済学部1階102会議室)

*各会場の教室詳細は以下の個別会場説明をご参照ください。
 

■自由論題 10時00分〜12時00分■

第1セッション 中国の社会                   会場:経済学部第1講義室
座長 厳善平(桃山学院大学)
1.日置史郎(東北大学)、「中国における産業集積の立地パターン−江蘇省の郷鎮レベルの分析を中心に−」
2.竹康至・ハスビリギ・黄鶴(一橋大学大学院生)、「中国銀行業の経営構造─確率的費用関数による4大国有銀行と株式制商業銀行の比較分析 ─」
3.永井隆雄(九州大学大学院生)・徐亜文(広島国際学院大学大学院生)、「現代中国における労働市場と無業・失業問題」
4.范丹(筑波大学大学院生)、「中国内陸地域における小農経営の実態に関する一考察」

第2セッション 地域社会・地域主義            会場:経済学部第2講義室
座長 清水一史(九州大学)
1.須田将(北海道大学大学院生)、「スターリン時代のウズベキスタンにおける『ソヴィエト公民化』と女性>」
2.平川幸子(早稲田大学客員研究員)、「グローバル化、アジア地域統合、そして中台問題」
3.平川均(名古屋大学)、「試論 東アジアの共生と日本の地域構想−歴史的概観−」

第3セッション 所得不平等の国際比較  (9時00分開始。英語により行う
会場:経済学部2階第1会議室
座長 薛進軍(名古屋大学)
1.Ho Kong WENG (Nangyang Technological University), “Social Mobility and Income Inequality in Singapore”
2.WANG Shaoguang (The Chinese University of Hong Kong), “Inequality in Hong Kong”
3.HONDAI Susumu (Kobe University)“Poverty Profile and Difference in Rates of Return to Education by Sector in Indonesia”
4. NOZAKI Kenji (Nagoya University) “Income Distribution in Laos:Analysis Based on Micro-data”


■自由論題 13時30分〜15時30分■

第4 セッション 国際化のアジア                  会場:経済学部第1講義室

座長 長田博(名古屋大学)
1.方帆(立命館大学大学院生)、「中国型多国籍企業の先進国における技術獲得−発展途上国企業発の逆技術移転−」
2.小西龍一郎(京都大学大学院生)、「東北タイにおける海外出稼ぎメカニズムとその経済効果−仲介業者・貸金業者のネットワークとの関連を中心に−」
3.徳丸宜穂(名古屋商科大学)、「日本市場におけるインドIT企業の展開:「二重のミスマッチ」と「コスト削減志向のディレンマ」

第5セッション 東アジアの地域協力              会場:経済学部第2講義室
座長 須藤季夫(南山大学)
1.高木直人(九州経済調査協会)、「環黄海経済圏構想の新潮流と都市・地域間協力」
2.久我由美(九州大学大学院生)、「中国−ASEAN自由貿易協定(CAFTA)と局地的な協力−CAFTAの牽引力となる北部湾経済協力−」
3.清水一史(九州大学)、「東アジアの地域経済協力−ASEAN域内経済協力のAECへの深化と東アジアへの拡大−」

第6セッション アジアにおける所得格差            会場:経済学部2階第1会議室
座長 戴二彪(国際東アジア研究センター)
1.叢中華(名古屋大学大学院生)、「中国都市部の産業部門と事業部門における年金格差」
2.呉智敏(兵庫県立大学大学院生)、「中国における地域間所得格差と消費率」
3.呉青姫(神戸大学大学院生)、「農村における健康格差と所得格差の関係」
 

■特別講演 15時40分〜16時20分■

特別講演                         会場:経済学部第1講義室
座長: 薛進軍(名古屋大学)                                               
講演者:Tang Min(国務院発展中心)
“The World Financial Crisis and Its Impact on Poverty: The Case of China”
 

■共通論題 16時30分〜18時00分■

共通論題 世界通貨危機とアジア                  会場:経済学部第1講義室         
座長:平川均(名古屋大学)・藤田幸一(京都大学)
講演者:
  本山美彦(大阪産業大学)、「パックス・サイノ・アメリカーナの予兆―アジアにおける2つの金融危機が語るもの」
パネリスト
  佐藤隆広(神戸大学)
  三重野文晴(神戸大学)
高龍秀(甲南大学)
総括 
加藤弘之(アジア政経学会会長)
 


 

大会実行委員会からのお願い

  1. 出欠アンケート
    出欠アンケートにご回答ください。6月18日(木)までに、大会専用アドレス(jaas-west2009@npo-ochanomizu.org)に、電子メールでご送信ください。
     
  2. 会場周辺
    大会会場となっている名古屋大学経済学部棟(東山キャンパス)へは、名古屋駅から地下鉄東山線本山駅で名城線に乗り換え、次の「名古屋大学」駅で下車。一番出口を出て、右側の経済学部棟が大会受け付けおよび会場となります。所要時間は、JR名古屋駅から約35分です。昼食は、学内の生協北部食堂か近隣の飲食店となります。ご案内(ランチマップ)を大会当日に受付で配布します。
     
  3. 受付と会場
    受付は経済学部1階102会議室、自由論題・共通論題ともに経済学部棟で行われます。
     
  4. 要旨集とフルペーパー
    フルペーパーは学会のホームページ上で閲覧できるように掲載する予定です。聴講する分科会を選ぶ際の参考にしてください。閲覧の際には、IDとパスワードが必要です。IDとパスワードは、フルペーパー掲載後、メール配信もしくは郵送にてお知らせいたします。
     
  5. 懇親会
    懇親会は名古屋大学キャンパス構内にあるグリーンサロン東山ミーティングルーム(http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/access-map/higashiyamaキャンパス地図上の9番)で18時30分〜20時30分に開催します。参加を希望される方は、参加費用の5000円(大学院生4000円)を当日、受付でお支払いください。多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます

以上