2013年度アジア政経学会東日本大会(10月12日)のご案内

 

アジア政経学会会員各位

 2013年度東日本大会を10月12日(土)に早稲田大学(早稲田キャンパス)にて開催いたします。

 今回の大会では学会創設60周年記念行事の一つとして、午後の部では共通論題「中国の外交と近隣諸国」を企画しました。躍進を続ける中国は、日本のみならず世界各国にとってもっとも関心を呼ぶテーマです。今回は「中国と日本」、「中国と韓国・北朝鮮」、「中国とASEAN」、「中国と米国」の4カ国・地域との関係を各地域専門家からの現状の分析と今後の展開を明らかにしてもらいます。なお、午前の部では自由論題3つと分科会1つが用意されています。午後の部には共通論題のほか、自由論題1つが企画されております。
 大会の企画・準備につきましては、学会理事長をはじめ、研究企画委員の理事の皆様から多大なご支援をいただきながら準備を進めて参りました。ご支援に対してお礼を申し上げるとともに、実行委員会として精一杯努力をする所存です。至らない点は何卒ご寛容のほど申し上げます。

 当日の会場は、自由論題と分科会は早稲田キャンパス11号館、午後の共通論題は27号館小野梓講堂を予定しております。ただ、授業の関係で変わる可能性もございますので、変更の場合は、改めてご案内致します。

 何かご不明な点があれば、ご遠慮なく実行委員会までご連絡ください。
どうぞ奮ってご参加くださいますようお願い致します。早稲田大学でお待ちしております。

研究企画委員会・全国大会実行委員一同

■早稲田大学アジア政経学会東日本大会実行委員会
山田満(委員長)、トラン・ヴァン・トゥ、平川幸子、鄭成、本多美樹、島ア裕子
所在地:〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 山田満研究室

■大会に関する問い合わせ先
*お問い合わせはできるかぎりE-mailでお願い致します。
大会実行委員会
所在地:〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 山田満研究室
TEL/ FAX:03-5286-8616(大会当日は対応できません)
E-mail:jaas-east@npo-ochanomizu.org(大会専用アドレス)



実行委員会からのお知らせ

  1. 昼食と休憩所について
    大会当日の昼食は、キャンパス内の「学生食堂」(大隈ガーデンハウス)、職員レストラン「楠亭」(大隈会館)、「西北の風」(大隈タワー)が利用可能です。それ以外に早稲田通りを含め多数の食堂、レストラン、ラーメン店など飲食店が多数あります。また、自由論題会場近くに休憩スペースを用意致しますが、11号館1階にはコンビニストアーがあり、テーブルと椅子がございますので、そちらをご利用くださってもけっこうです。
  2. 要旨集とフルペーパー
    報告者のレジュメ(各1ページ)をまとめた大会要旨集を当日受付で配布します。また、自由論題のフルペーパーや共通論題の要旨は学会のHP上で閲覧できるように掲載します。フルペーパー閲覧の際に必要なIDとパスワードは会員限定でお伝えしています。
  3. 参加を希望する会員の方々へ
    会場セッティング等の参考にしますので、会員の方は別途お送りしている出欠アンケートにご回答の上、ご返送ください。
  4. 参加を希望する会員以外の方々へ
    参加をご希望の方は、「お名前」「ご所属」「ご連絡先E-mail」「参加希望のセッション名」を明記の上、大会専用メールアドレス:にお申込みください。
  5. 託児室の設置
    小さいお子さまを連れて参加される会員のために、学内に託児サービスを用意します。ご希望の方は、下記の「託児室設置のお知らせ」をご覧の上、「託児室利用申込書」に記入のうえ9月26日(木)までにお申し込みください。



2013年度アジア政経学会東日本大会プログラム

開催日:2013年10月12日(土)
会 場:
・早稲田大学 所在地:〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
・アクセス
JR山手線・西武新宿線「高田馬場駅」下車、徒歩20分
東京メトロ東西線「早稲田駅」徒歩5分
都電荒川線「早稲田駅」徒歩5分
都バス「高田馬場駅―早大正門」10分
・路線図:http://www.waseda.jp/jp/campus/index.html

・周辺道路・キャンパスマップ:http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html
主 催:アジア政経学会
共 催:早稲田大学アジア研究機構(OAS)

プログラム
9:30 受付開始(11号館1階ロビー)
10:00〜12:30 自由論題セッション・分科会(11号館8階・9階)
12:30〜14:00 理事会(14号館8階801会議室)
14:00〜17:30 共通論題(27号館小野梓講堂)・自由論題(11号館8階)
18:30〜20:00 懇親会(大隈ガーデンハウス)
会費:一般会員4000円、学生会員3000円



【自由論題セッション】午前(セッションによって時間が異なります)

自由論題1 東南アジア 10:50-12:30

司会兼討論:山本信人(慶應義塾大学)
報告1:外山文子(京都大学東南アジア研究所)

「1990年代以降のタイ選挙制度改革――政党法および選挙法の変化に焦点をあてて」

報告2:池田真也(東北大学大学院生)

「インドネシア公設青果物市場における取引慣行の多様化と効率性」

討論:重冨真一(アジア経済研究所)

自由論題2 アジアの国際関係 10:00-11:40

司会兼討論 安倍誠(アジア経済研究所)
報告1:朴ロサ(国士舘大学大学院生)

「北東アジアのエネルギー資源の安全確保とロシアの資源ナショナリズム」

報告2:高賢来(東京大学大学院生)

「李承晩・張勉政権期韓国の対東アジア経済外交――フィリピン、中華民国との貿易協定締結過程を中心に」

討論:郭四志(帝京大学)

自由論題3 中国の政治・社会 10:00-12:30

司会兼討論:唐亮(早稲田大学)
報告1:森一道(New Asian Invesco (HK) Ltd.)

「汪洋の幸福論――改革開放政策の新たな視野」

報告2:鄭浩瀾(フェリス女学院大学)

「戦争、国家と子供――抗日戦争期の中国における『民族的保育』の展開」

報告3:李昊(東京大学大学院生)

「華国鋒と改革の起動」

討論:新保敦子(早稲田大学)

分科会 近代中国の武装化した社会と革命政党 - 革命に与した武装勢力の実態を探る10:00-12:30

司会 岩谷將(防衛省防衛研究所)
報告1:山本真(筑波大学)

「民国時期、福建省における武装化した社会と国民政府による国民統合・戦時動員の挫折」

報告2:阿南友亮(東北大学)

「敵軍に加担した傭兵をいかにして引き抜くか?――民国期中国の武装化した社会と中国共産党による軍隊建設に関する一考察」

討論:丸田孝志(広島大学)
討論:荒武達朗(徳島大学)

 

【共通論題セッション・自由論題】

共通論題 中国の外交と近隣諸国 14:00-17:30

司会 毛里和子(早稲田大学)
報告1 天児慧(早稲田大学)日中関係
報告2 小此木政夫(九州大学)韓国/北朝鮮中国関係
報告3 黒柳米司(大東文化大学)ASEAN中国関係
報告4 伊藤剛(明治大学)米中関係
討論:藤原帰一(東京大学)
討論:堀本武功(京都大学)

自由論題4 中国・台湾の産業 14:00-17:20

司会兼討論:渡邉真理子(学習院大学)
報告1:李春霞(専修大学大学院生)

「『自主創新』と中国の太陽光発電産業――戦略的新興産業と発展方式の転換」

報告2:日置史郎(東北大学)

「中国における産業集積と集積の経済」

報告3:朝元照雄(九州産業大学)

「"山寨の父と呼ばれる台湾のファブレス企業――聯発科技の破壊的イノベーションー」

報告4:徐輝(筑波大学大学院生)

「日中間のソフトウェア・オフショア開発をめぐる産業発展要素の変化――大連の事例を通して-」

討論:佐藤幸人(アジア経済研究所)
討論:丸川知雄(東京大学)