2009年度アジア政経学会東日本大会のご案内 2009年5月23日(土)

アジア政経学会 会員各位

アジア政経学会東日本大会
実行委員長 吉野文雄(拓殖大学)

アジア政経学会2009年度東日本大会開催にあたって

 爽やかな新緑の季節となりましたが、会員の皆様におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、今年度のアジア政経学会東日本大会を拓殖大学で開催することになりました。会員の皆様におかれましては、ご多忙のこととは存じますが、万障お繰りあわせの上ご参加いただければ幸いでございます。
 今年度は共通論題として「世界金融危機とアジア」と「アジアの安全保障」の2つを設けました。今後のアジアの行く末、世界の将来像を考える上で、われわれ研究者にとって喫緊の課題といえましょう。
また、会員からの投稿で構成される自由論題は、「中国の経営と経済」、「中国の歴史と社会」、「南・西アジアの政治と外交」、「ASEAN共同体をめぐって」の4つの分科会に分けて報告が行われます。各報告は、共通論題と同様に今日的課題であり、内容は多様です。また分科会に分かれているとはいえ、交差する点も少なくありません。若い方々の積極的で新鮮な問題意識に基づく研究報告によって、専門を超えて多くの示唆を得ることができると確信しております。会員の皆様には是非多くの分科会の討論に参加されることをお勧めいたします。
大会運営に関しましては、理事長をはじめ、理事各位、前実行委員会から多大な支援をいただき準備をして参りました。ただ、何分にも経験が浅く、実行委員会の所帯も小さいために、会員各位のご期待に十分沿えないことも多いと思います。至らない点は何卒ご寛恕のほどお願い申し上げます。

■拓殖大学アジア政経学会東日本大会実行委員会
吉野文雄(海外事情研究所・実行委員長)
岩崎育夫(国際学部・学会理事)
茂木創(政経学部・実行副委員長)

連絡先:
〒112-8585 東京都文京区小日向3-4-14
拓殖大学海外事情研究所
吉野文雄 
電話 03-3947-2323 ファクス 03-3947-2397
大会専用アドレス jaas-east@npo-ochanomizu.org

アジア政経学会2009年度 東日本大会プログラム

日  程:2009年5月23日(土)
会  場:拓殖大学文京キャンパス
http://www.takushoku-u.ac.jp/map/acc_b.htmlにキャンパス地図・交通案内があります。)
主  催:拓殖大学アジア政経学会東日本大会実行委員会
受付開始: 9時30分〜 (C館 3階)
自由論題:10時00分〜12時15分 (C館 4階各教室)
編集委員会:16時00分〜17時30分(C館 510教室)
評議会・理事会:12時30分〜14時00分 (C館 605教室)
共通論題:14時00分〜17時00分 (C館 401教室・501教室)
懇 親 会:17時30分〜19時00分 (茗渓会館)
託 児 室: 9時30分〜19時00分 (C館 601教室)
休 憩 室: 9時00分〜16時00分 (C館 603教室)
学生スタッフ控室(C館 602教室)
 *各会場の教室詳細は以下の個別会場説明をご参照ください。
 

■自由論題 10時00分〜12時15分■

第1分科会 中国の経営と経済           会場:C館403教室
司会 大橋英夫(専修大学)
1.ハスピリギ(一橋大学大学院)、「中国上場企業における国家支配の決定要因分析」
2.黄媚(筑波大学大学院)、「私営企業家調査からみた中国コーポラティズム構造の現状―温州市私営企業家調査(2008年)に基づいて―」
3.朱いい(東京大学大学院)、「中国における外資系小売企業の企業文化について ―カルフールの人的資源管理の現地化を中心に―」図表

第2分科会 中国の歴史と社会            会場:C館404教室
司会 家近亮子(敬愛大学)
1.黄斌(早稲田大学大学院)、「章炳麟によるネーション像の模索――「排満」思想の変遷を中心に」
2.王冰(筑波大学大学院)、「中国のマスメディア改革と新聞社の動向についての考察―南方報業メディア集団の事例を中心に」

第3分科会 南・西アジアの政治と外交              会場:C館405教室
司会 堀本武功(尚美学園大学)
1.中溝和弥(成蹊大学)、「暴動と宗教ナショナリズム−インド:ウッタール・プラデーシュ州とビハール州における1991年下院選挙の比較分析−」
2.新井春美(拓殖大学大学院)、「トルコ=パキスタン条約とその内容」
3.清田智子(拓殖大学大学院)、「インドの安全保障環境の変化と軍事力増強」

第4分科会 ASEAN共同体をめぐって            会場:C館406教室
司会 岩崎育夫(拓殖大学)
1.鈴木早苗(日本貿易振興機構アジア経済研究所)「ASEAN憲章」
2.庄司智孝(防衛研究所)「ASEAN政治・安保共同体」
3.清水一史(九州大学)「ASEAN経済共同体」
(この分科会にはフルペーパーはありません。)
 

■共通論題 14時00分〜17時00分■

共通論題I 世界金融危機とアジア            会場:C館401教室
司会者:渡辺利夫(拓殖大学)
報告者:
 白井さゆり(慶応義塾大学):「米国サブプライム・ローン危機と東アジア」
 渡邉真理子(アジア経済研究所):「中国経済の転換と世界危機」
 大泉啓一郎(日本総合研究所):「世界経済後退とASEAN経済−タイとマレーシアを中心に」
コメンテーター
 小島真(拓殖大学)
 高安健一(獨協大学)

共通論題II  アジアの安全保障            会場:C館501教室
司会者:森本敏(拓殖大学)
報告者:
黒柳米司(大東文化大学)、「ASEANの安全保障」
高木誠一郎(青山学院大学)、「中国の対アジア安全保障戦略」
秋元一峰(海洋政策研究財団)、「アジアにおける海洋の安全保障」
下川真樹太(外務省総合外交政策局安全保障政策課)、「ARF―現状と課題」
菊池努(青山学院大学)、「アジアにおける多国間安全保障枠組みと安全保障協力」
 

大会実行委員会からのお願い

1.出欠アンケート
出欠アンケートにご回答ください。5月18日(月)までに、大会専用アドレス(jaas-east@npo-ochanomizu.org)に、電子メールでご送信ください。

2.会場周辺
大会会場となっている拓殖大学文京キャンパスは池袋から丸ノ内線で約10分の場所にあります。昼食は、近隣の飲食店のご案内(ランチマップ)をご覧ください。このランチマップは大会当日に受付でお渡しします。

3.受付と各会場
大会の主会場、文京キャンパスは丸ノ内線茗荷谷駅から徒歩約5分のところにあります。自由論題・共通論題ともにC館で行われます。


4.要旨集とフルペーパー
報告者のレジュメ(各1ページ)を1冊にまとめた大会要旨集を受付で配布します。それぞれのフルペーパーは学会のホームページ上で閲覧できるように掲載する予定です。聴講する分科会を選ぶ際の参考にしてください。閲覧の際には、IDとパスワードが必要です。

5.懇親会
懇親会は駅を出て春日通りを池袋方面(左折)に向かって150mほどのところにございます茗渓会館で17時30分〜19時00分に開催します。参加を希望する方は、参加費用の5000円(大学院生4000円)を当日、受付でお支払いください。多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

6.託児所設置のお知らせ
小さいお子さんを連れて参加される会員のために、託児所を設置します。ご利用希望者は『託児室設置のお知らせ』をご覧いただき、5月15日(金)午後4時までにFAXにて学会総務事務局までお申し込み下さい。
アジア政経学会総務担当事務局 澤田 ゆかり 宛
FAX:03−5254−6307

以上