2008年度アジア政経学会東日本大会のご案内 2008年5月24日(土)


アジア政経学会2008年度東日本大会開催にあたって

 爽やかな新緑の季節となりましたが、会員の皆様におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、今年度のアジア政経学会東日本大会を東京外国語大学で開催することになりました。会員の皆様におかれましては、ご多忙のこととは存じますが、万障お繰りあわせの上ご参加いただければ幸いでございます。
 今年度は共通論題として「ジェンダーの視点から見た現代アジア」と「アジアにおける人の国際移動:受容と権利」の2つを設けました。前者は、政治的、経済的、社会的な現象や問題をジェンダーの視点から眺めると何がどのように違って見えてくるか、さらには「ジェンダーの視点」それ自体が何を指し何を含むのかを、各分野で実績のある方々に分析していただきます。後者は、グローバル化が著しく進展しアジアにおいても「人の国際移動」が活発化する中で、移動する人々と受け入れ国の事情を各地域の専門家の方々に多角的に分析していただき、複眼的に検証することを通して、21世紀アジアにおける新たな多言語、多文化社会のあり方を展望しようとするものです。
会員からの投稿で構成される自由論題は、「企業と経済」、「産業と社会」、「中国共産党と農村」、「政治と外交」の4つの分科会に分けて報告が行われます。各報告は、共通論題と同様に今日的課題であり、内容は多様です。また分科会に分かれているとはいえ、交差する点も少なくありません。若い方々の積極的で新鮮な問題意識に基づく研究報告によって、専門を超えて多くの示唆を得ることができると確信しております。会員の皆様には是非多くの分科会の討論に参加されることをお勧めいたします。
大会運営に関しましては、理事長をはじめ、理事各位、前実行委員長から多大な支援をいただき準備をして参りました。ただ、何分にも経験が浅く、実行委員会の所帯も小さいために、会員各位のご期待に十分沿えないことも多いと思います。至らない点は何卒ご寛恕のほどお願い申し上げます。

■東京外国語大学アジア政経学会東日本大会
臼井佐知子(外国語学部・実行委員長)
井尻秀憲(外国語学部)
栗原浩英(アジア・アフリカ言語文化研究所)
澤田ゆかり(外国語学部)
左右田直規(外国語学部)
宮田敏之(外国語学部)

連絡先:
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
東京外国語大学外国語学部 澤田ゆかり(sawada@tufs.ac.jp
電話:042-330-5284
大会専用アドレス jaas-east@npo-ochanomizu.org
 

アジア政経学会2008年度 東日本大会プログラム

日  程:2008年5月24日(土)
会  場:東京外国語大学府中キャンパス 研究講義棟
http://www.tufs.ac.jp/info/map-and-contact.htmlにキャンパス地図・交通案内があります)
主  催:東京外国語大学アジア政経学会東日本大会実行委員会
共  催:東京外国語大学海外事情研究所
受付開始: 9時30分〜 (研究講義棟 1階ガレリア・ホール)
自由論題:10時00分〜12時15分 (研究講義棟 1階各教室)
編集委員会:16時00分〜17時30分(研究講義棟 1階112教室)
評議会・理事会:12時30分〜14時00分 (研究講義棟 1階112教室)
共通論題:14時00分〜17時00分 (研究講義棟 1階101・115教室)
懇 親 会:17時30分〜19時00分 (大学会館 2階特別食堂)
託 児 室: 9時30分〜19時00分 (研究講義棟 8階821室)
休 憩 室: 9時00分〜17時00分 (研究講義棟 1階106教室)
 *各会場の教室詳細は以下の個別会場説明をご参照ください。
 
※各報告のリンク先ペーパーを見るにはIDとパスワードの入力が必要です。東日本地区の会員には5月7日にメールにてIDとパスワードをお知らせいたします。 西日本地区の会員で参加をご希望の方は、お手数ですが別途事務局(jaas-east@npo-ochanomizu.org)までお問い合わせください。  

■自由論題 10時00分〜12時15分■

分科会I 企業と経済  会場:研究講義棟107教室
司会者:丸川知雄(東京大学)
報告者:
1. 山口昌樹(山形大学)「中国企業の企業間信用―国有企業と非国有企業との比較分析―」要旨 フルペーパー
2. ハスビリギ、竹康至(一橋大学大学院)「中国上場企業の資金調達構造 ─製造業における政府支配の影響分析─」要旨 フルペーパー
3. 池上寛(日本貿易振興機構アジア経済研究所)「台湾航空貨物輸送における仮陸揚げ貨物」要旨 フルペーパー

分科会II 産業と社会  会場:研究講義棟108教室
司会者:唐亮(法政大学)
報告者:
1. ョ俊輔(横浜国立大学大学院)「ボトル入り飲料水市場の広がりに見る水の商品化過程―インドネシア2004年水資源法と水道事業民営化の考察から―」要旨 フルペーパー
2. 任哲(早稲田大学大学院)「中国の土地市場化過程における地方政府の役割分析」要旨 フルペーパー
3. 黄媚 (筑波大学大学院)「中国における業界団体の基本構造分析―北京市・浙江省・黒竜江省の社団調査(2000−2004年)を基礎にして」要旨 フルペーパー

分科会III 中国共産党と農村  会場:研究講義棟113教室
司会者:臼井佐知子(東京外国語大学)
報告者:
1. 鄭浩瀾(慶應義塾大学)「中国農村における人民公社の成立過程―江西省の村落を事例として―」要旨 フルペーパー
2. 岡崎邦彦(大東文化大学東洋研究所)「1937年朱毛出洋問題」要旨 フルペーパー
3. リンチン(東京外国語大学大学院)「内モンゴルの牧畜業地域における社会主義教育に関する考察」要旨 フルペーパー

分科会IV 政治と外交  会場:研究講義棟114教室
司会者:井尻秀憲(東京外国語大学)
報告者:
1. 川端隆史(外務省)「9・11事件以後の東南アジア諸国の国際テロ対策協力―対米協調とイスラーム政治」要旨 フルペーパー
2. 布施哲(テレビ朝日政治部)「米国外交政策決定過程における台湾ロビー〜李登輝訪米ビザ問題を中心に〜」要旨 フルペーパー
 

■共通論題 14時00分〜17時00分■

共通論題I
  ジェンダーの視点から見た現代アジア

会場:研究講義棟101教室
政治的、経済的、社会的な現象や問題をジェンダーの視覚から眺めると何が、どのように違って見えてくるのだろうか。また、「ジェンダーの視点」そのものが何を指し、何を含むのだろうか。様々な面で注目される「ジェンダー」を本格的に取り上げ、各分野で実績のある報告者に包括的かつ具体的に論じてもらう本学会初の試みである。
司会者:金子芳樹(獨協大学)
報告者:
1.瀬地山角(東京大学)「東アジアとジェンダー:就労パターンの比較社会学」要旨
2.田村慶子(北九州市立大学)「東南アジアの国際移住労働と「家族」」要旨
3.吉村真子(法政大学)「東南アジアの労働・ジェンダー・セクシュアリティ」要旨
4.竹中千春(立教大学)「南アジア政治のジェンダー・ダイナミクス」要旨

共通論題II  アジアにおける人の国際移動:受容と権利
会場:研究講義棟115教室
グローバル化の著しい進展の中で、アジアにおいても「人の国際移動」はますます活発化している。移民、研修生、または出稼ぎなど様々な形態で、多くの人々が移動し、母国を離れて、「外国」に居住し、労働に携わっている。本共通論題では、受け入れ国、移動する人々の事情などを多角的に情報交換し、「人の国際移動」を複眼的に検証し、21世紀アジアにおける、新たな多言語・多文化社会のあり方を展望する。

司会者:栗原浩英(東京外国語大学)
報告者:
1. 北脇保之(東京外国語大学)「日本の外国人受入れの実態と地方自治体の政策〜南米系とアジア系〜」要旨
2. 田嶋淳子(法政大学)「国境を越える社会空間の生成と中国系移住者」要旨
3. 陳天璽(国立民族学博物館)「国際移動の主体に見るアイデンティティ―華僑・華人の「帰る場所」要旨
4. 玉田芳史(京都大学)「外国人受け入れ国としてのタイ:流入と国籍をめぐる歴史」要旨

 

大会実行委員会からのお願い

1. 出欠アンケート
出欠アンケートにご回答ください。5月17日(土)までに、
大会専用アドレス(jaas-east@npo-ochanomizu.org)に、電子メールでご送信ください。

2. 宿泊施設
大会会場となっている東京外国語大学は新宿から約40分の場所にあります。またキャンパス近くの宿泊施設はこちらのホテル一覧をご参考になさってください。昼食は、近隣の飲食店のご案内(ランチマップ)をご覧ください。このランチマップは大会当日にも受付でお渡しします。

3. 受付と各会場
大会の主会場、研究講義棟は西武多摩川線多磨駅から徒歩約5分のところにあります。改札口(一個所のみ)を出てから、すぐ左方向に進み、左手にある地下通路をくぐって線路の反対側コンコースに出てください。そのままコンコースの歩道を道なりに斜め右に進むと、駐輪場を経て信号のある交差点に出ます。コンビニ(スリーエフ)を背にして信号を渡ると、東外大のキャンパス入り口に到着します。そこから正面右手にレンガデザインの8階建てのビル(研究講義棟)があります。その1階ホールに受付を用意致します。自由論題・共通論題ともに1階で行われます。懇親会会場は大会会場を出てすぐ右手の大学会館2階特別食堂で行われます。受付の時間から懇親会の時間まで、主要な場所には案内係の学生を配置します。

4. 要旨集とフルペーパー
報告者のレジュメ(各1ページ)を1冊にまとめた大会要旨集を受付で配布します。それぞれのフルペーパーは学会のホームページ上で閲覧できるように掲載する予定です。聴講する各部会を選ぶ際の参考にしてください。閲覧の際には、IDとパスワードが必要です。アジア政経学会の東日本地区の会員には、5月8日に電子メールにてIDとパスワードを通知いたします。 西日本地区の会員で参加をご希望の方は、別途事務局までお問い合わせください。(jaas-east@npo-ochanomizu.org

5. 懇親会
懇親会は大会会場を出てすぐ右手の大学会館2階の特別食堂で17時30分〜19時00分に開催します。参加を希望する方は、参加費用の3000円を当日、受付でお支払いください。多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

6. 託児所設置のお知らせ
小さいお子さんを連れて参加される会員のために、託児所を設置します。ご利用希望者は『託児室設置のお知らせ』をご覧いただき、5月16日(金)までにFAXにて学会総務事務局までお申し込み下さい。託児所開設時間は昨年より延長となり、午前9時半から午後7時までです。懇親会の最初の1時間はご参加いただけます。

以上