アフラシア国際シンポジウム「時間、倫理、グローバル・アフェアーズ」


1月20日 10:00〜18:00 龍谷大学深草学舎にて開催


Phase 3 第3回アフラシア国際シンポジウム
      The 3rd Afrasian International Symposium        
         Time, Ethics and Global Affairs

 龍谷大学アフラシア多文化社会研究センターは、科研費助成事業との共催でキンバリー・ハッチングス教授(ロンドン大学)を基調講演者として招聘し、その他にパネリストとしてトニー・シー(シンガポール国立大学)、シャイン・チョイ(マッセイ大学)、川村覚文(関東学院大学)、乙部延剛(茨城大学)、J・ピラピル・ジャコボ(アテネオ・デ・マニラ大学)、安高 啓朗(立命館大学)、吉田哲(龍谷大学)を招聘し、国際関係学、時間、倫理に関する国際シンポジウムを開催します。
 シンポジウムは英語で行います(日本語同時通訳あり)。ご関心、ご興味をお持ちの方は、是非ご参加ください。

【日時】2018年1月20日(土) 10:00〜18:00(開場 9:30)
【会場】龍谷大学 深草キャンパス 和顔館 B107教室
【主催】 龍谷大学アフラシア多文化社会研究センター/日本学術振興会(JSPS)科学研究費助成事業(※本シンポジウムは[JSPS科研費基盤研究(A)15H01855]の助成を受けています。)

※参加無料/使用言語:英語(日本語同時通訳あり)/事前申込不要
※当日はご自由に参加いただます。

研究者の皆様、大学院生・大学生の皆様のご参加をお待ち申し上げます
詳細は、本研究センターのウェブサイトをご参照ください。:http://afrasia.ryukoku.ac.jp/news/2017/12/2018120-3-subjectivity-in-international-relations.html

お問合せ先:龍谷大学アフラシア多文化社会研究センター
〒612-8577 京都府京都市伏見区深草塚本町67
Tel : 075-645-5620
E-mail: afrasian@ad.ryukoku.ac.jp

[掲載期日] 2018年1月20日まで


戻る