公開講演会「座り方と礼の誕生 〜東アジアにおける身体技法の歴史人類学〜」のご案内


東北大学東北アジア研究センター公開講演会 (5/26金 東北大学東京分室)


このたび、下記のとおり公開講演会を開催いたしますのでご案内申し上げます。
皆様お誘い合わせのうえ、どうぞお気軽にお越しください。
                 



東北大学東北アジア研究センター公開講演会
「座り方と礼の誕生 〜東アジアにおける身体技法の歴史人類学〜」



 古代中国におけるさまざまな座法の中で、跪く姿勢から「拝」という礼が生まれる。中国で生まれた儒教の礼の本質は、身体論的にはこの「跪」と「拝」に収斂されるともいえる。しかしながら中国では宋代以降、椅子座の生活へと移行し、平座の文化が失われていく。これに伴い、礼も変質していくが、日本は平座の習慣を維持しているが故に、礼を維持し ているといえる。東アジア世界における座法と礼の変遷について、文献資料と図像資料を交えながら分りやすく解説し、現代の日本人にとっ て平座の意義を考える。

日  時 : 2017年5月26日(金) 15:00〜16:20(開場14:30)
会  場 : 東北大学 東京分室         
        東京都千代田区丸の内1丁目7-12 サピアタワー10階
講  演 : 「座り方と礼の誕生 〜東アジアにおける身体技法の歴史人類学〜」        
        講師:西澤 治彦氏(武蔵大学人文学部教授)       
○聴講無料・要申込み/ 申込〆切:5月19日(金)  
○申込先: colab[at]cneas.tohoku.ac.jp
      東北大学東北アジア研究センター コラボレーションオフィス
      ※会場の都合から、聴講には申し込みが必要です。
       お名前、連絡先、勤務先をご連絡下さい。
URL: http://www.cneas.tohoku.ac.jp/news/2017/news170408.html

[掲載期日] 2017年5月26日まで


戻る