『ミャンマー「民主化」の明暗』1月31日(火)開催 FASID BBLセミナー


人権問題を中心とした民主化の現状と課題


2015年のミャンマー総選挙での野党NLD(国民民主連盟)の圧勝は、同国が民主化に向け大きな一歩を踏み出したことを広く国際社会に印象づけました。加速する民主化に伴って、日本を含む各国からの直接投資や経済援助が拡大する一方、同国西部ラカイン州では、依然としてイスラム系住民ロヒンギャに対する深刻な人権侵害が報告されるなど、同国の民主化には「光と陰」が交差しています。

BBLセミナーには、二名の講師をお招きし、主に2008年以降の移行期から今日にかけての民主化の進展について、政権と国軍および中央政府と少数民族との関係性に注目しながら、現状と課題を考察します。また、ミャンマーでの「ビジネスと人権」をめぐる課題、国内避難民キャンプ視察報告、日本国内のロヒンギャ・コミュニティの取材報告等を交え、国際社会や日本とミャンマーの関わりについても考えます。

講師: 村主 道美 (学習院大学法学部政治学科教授)
    田辺 寿夫 (ミャンマー研究者)
日時: 2017年1月31日(火)12時30分から14時
会場: FASIDセミナールーム
   (東京都港区麻布台2の4の5、メソニック39MTビル6階)
参加費:500円(FASID賛助会員 無料)
定員:40名(先着順)
申込み方法:下記URLのオンライン・フォームより申し込みください。手話通訳も手配可能です。メールにより通訳をご依頼ください。
https://www.fasid.or.jp/seminar_info/144_list_detail.html

会場地図:http://www.fasid.or.jp/about/8_index_detail.shtml
なお昼食は各自ご持参下さい。


【BBL(Brown Bag Lunch)セミナーとは】
国際開発に関わるホット・イシューやこれまで注目を浴びてこなかった重要課題を取り上げ、援助の質の向上に向けてオープンな議論を行います。講師には国際開発の様々な分野で活躍されている研究者や実務者をお招きし、開発援助実務者、民間企業人、研究者、学生など幅広い立場の方々にご参加いただき、自由に意見交換する場を提供します。

[掲載期日] 2017年1月27日まで


戻る