「中国文化大革命研究の新資料・新方法・新知見」国際シンポジウムのお知らせ


―50周年からの再スタート


The 50th Anniversary of the Chinese Cultural Revolution: New Materials, Met hods, and Findings

開催日: 2016年11月6日 10:00〜18:00
場所:学習院女子大学2号館 237教室

主催: 学習院女子大学国際学研究所・静岡大学人文社会科学部アジア研究センター
主旨説明:大野旭=楊海英(Akira Ono-Yang Haiying, 静岡大学)

1)Andrew G. Walder (Stanford University): “Rebellion and Repression in Chi na, 1966-1969”

2)Yang Su(蘇陽)(University of California, Irvine): “Studying Mass Violen ce Using Xianzhi Records and Survivor Interviews”

3)宋永毅(Song Yongyi, California State University, Los Angeles, Library):「文革期の広西チワン族自治区における組織的性暴力」(The Massacre and Sexual C rime in Guangxi Zhuang Autonomous Region)

4)谷川真一(Shinichi Tanigawa, 神戸大学):「軍の基層構造の崩壊と農村部における武闘の拡大―陝西省(1967−1968)」(The Collapse of Grassroots Military Structure and the Spread of Factional Warfare in the Countryside: Shaanxi, 1967-1968)

5)チョロモン(Cholmuun, 東京大学博士課程):「中国文化大革命とモンゴル人エリートの動向―作家ウランバガナを事例に―」(Mongolian Elites during the CulturalRevolution: From the Example of Novelist Ulaghanbaghna)

6)張中復(Zhang Zhongfu, 中華民国国立政治大学):「台湾における左翼思想・運動と文革、文革研究」(仮)(Taiwan’s Leftist Thought and Movement and the Cultural Revolution)

総合コメント:金野純(Jun Konno, 学習院女子大学)・大野旭(楊海英)

お申込み:静岡大学地域社会文化研究ネットワークセンター
E-mail:jrnc@ipc.shizuoka.ac.jp

詳細チラシPDF

[掲載期日] 2016年11月6日まで


戻る